注意点について

包茎には真性タイプ、仮性タイプ、カントンタイプが存在します。
この内、手術が勧められているのが真性タイプとカントンタイプ、必ずしも手術は必要ではないとされているのが仮性タイプです。
真性タイプとカントンタイプでは保険適用ができますが、仮性タイプは保険適用外になります。
よって、見た目にこだわった治療を検討した方がいいでしょう。
しかし真性タイプとカントンタイプは保険適用ができるため、費用の安さを取るか、見た目の良さを取るかで治療を受ける医療機関を決めなくてはなりません。
もちろん両方のメリットが得られる医療機関があるのなら、そこに越したことはありませんが、原則として安さを求めるなら見た目は諦めて、見た目を求めるなら費用は諦めるしかないでしょう。

現在は様々な治療方法があるため、患者自ら手術方法を選ぶこともできます。
主には感情切開、背面切開、亀頭直下埋没法、ナチュラルピーリング、複合曲線作図法、根本部固定方などが用いられています。
また、その他にもクリニックごとにいろんな術式を取り入れていますので、まずは自分で情報収集をする必要があるでしょう。
その上で、気になる術式を選んでみてください。
メンズクリニックなど、包茎手術に力を入れているクリニックほど術式が多様化しており、また見た目などにもこだわった質の高い治療が期待できます。
ただし、その反面では質の良さが費用にも影響してくるため、それも踏まえて考えましょう。
費用目安は自由診療で20万円、保険適用で3~5万円です。