ケアも大事

亀頭が包皮に覆われてしまったままの状態である包茎を治療するには、最もオーソドックスな方法としては病院で治療してもらう方法があります。
手術で治す方法にもいくつかありますが、余分な包皮を切除して治療を行う事が多いです。
以前はツートンカラーと呼ばれ、手術をすると切除して接合した部分でクッキリと色が分かれて目立ってしまう場合がありましたが、最近では手術しても目立たないようにする方法が主流となっています。
また、女性が対応すると恥ずかしいという事からスタッフを全員男性にして対応してくれる病院も多いです。
その他には包茎矯正器具も販売されていて、これは軽度の仮性包茎である場合には手段の一つとして有効です。
ただ、重度の真性包茎やカントン包茎の場合は、無理に自分で行うと壊死してしまう可能性もあるので、病院に相談した方が良いです。

包茎と類似している男性特有の悩み事としては、ED、つまり勃起不全が挙げられます。
EDは精神的なストレスや疲労が原因である場合もあれば、加齢や薬の利用、病気や怪我が原因でなる場合もあります。
一時的な過労やストレスが原因であれば、その原因が解消されれば自然と治る場合もありますが、原因が分かっていてもなかなか解消できない場合は、サプリメントを用いる事でも症状を改善する効果があります。
ただ、サプリメントは薬とは違うので、深刻である場合には医師に相談して治療を行った方が良いです。
EDであると、セックスがまともに出来ないために、それが原因で夫婦仲を壊してしまったり、男としての自信が持てなくなって、そのほかの仕事などにも悪い影響を与えてしまう場合もあります。